エステ認定制度のご紹介

ハイブリッドマッサージでは、キャストの更なる技術向上を目的とした、検定制度を設けております。

ハイブリッド対応の在籍キャストは数十時間に及ぶ講習を修了し、検定試験に合格をした確かな技術を持ったキャストばかりです。

より一層お客様にご満足頂くことを目的として、技術やサービスなどトータルで高い接客をご提供できるキャストを育成するために、この制度が発足いたしました。

在籍キャストの中でも、ほんの一握りの特別な存在である「特別認定」のキャストによる、高い次元でのサービスを是非お楽しみください。

  • 1級
  • 2級
  • 2級

1級セラピスト

1級セラピストとは

2級セラピストの条件をクリアした上で、スキルアップ講習による新しいテクニックを
さらに3項目習得することが上級セラピストの最低条件となります。
通常の風俗エステ店にはほとんど在籍していないレベルであり、
ヌキのない一般エステでも5%程度しか存在しない、
エステのプロフェッショナルです。

1級セラピストに昇級するための検定内容
1.2級セラピストの基準を高いレベルでクリアしている

2級セラピストとして活躍しているキャストのうち、より高いレベルで施術を行える一握りのキャストのみが1級セラピストの資格を取得できます。

1級セラピストは、エステ業界のトップレベルに位置する技術を習得しています。

2.2級手技2種に加え、さらなる追加手技を習得している

1級セラピストになるには、基本を丁寧に行える技術に加え、お客様からのご要望に対応するための追加手技を複数習得する必要があります。

2級で習得したお尻のエステ、ヘッド・フェイシャルエステを高いレベルで施術でき、それに加えてリンパの集まる足裏のリフレクソロジーや、より繊細な技術を要する腕・手のひらのエステ、人体についての深い知識が必要なお腹のエステの習得が必須条件となっています。

3.風俗エステ業界の最高峰にふさわしいキャストである

1級セラピストは、風俗エステ業界最高峰の資格です。
取得できるのはハイブリッドマッサージを体現するほどの技術をもったセラピストのみですので、エステ講師と店長による厳正かつ慎重な選考の後に与えられます。

選考項目には、施術後にいただいたアンケートや指名・リピート率も加味されます。

平均して当社既定の水準を超える高い評価を得ているということは、エステにおいて避けられない『相性の問題』を、技術や気配りで可能な限り吸収できていることの裏付けにもなります。

なお、1級セラピストについては講師による技術チェックを月に1度の頻度で行い、万が一技術の低下が確認されましたら、降格や取り消しの措置を取っております。
当店のキャストは、たとえ1級セラピストになったとしても常に向上心を忘れず、よりよい施術とお客様の満足のために日夜努力を続けております。

2級セラピスト

2級セラピストとは

3級セラピストの条件をクリアした上で、スキルチェックだけでなくスキルアップ講習
による新しいテクニックの習得をしたキャストに与えられる資格です。
ヌキのない一般エステでは2割弱、通常の風俗エステ店であれば
一店舗に1~2人程度しか在籍していない特別なセラピストです。

2級セラピストに昇級するための検定内容
1.3級セラピストの基準を高いレベルでクリアしている

初級セラピストとして活躍しているキャストのうち、より高いレベルで施術を行えるごくわずかなキャストのみが中級セラピストの資格を取得できます。
中級セラピストは、風俗エステはもとより一般エステ店でもなかなか出会えないレベルのエステ技術を習得しています。

2.お客様のご要望に応えられるように追加手技を習得している

ハイブリッドマッサージはすべての男性にご満足いただけるよう、工夫に工夫を重ねて成立したエステ技術です。
中級セラピストになるには、基本を丁寧に行える技術に加え、お客様からのご要望に対応するための追加手技を習得する必要があります。

現状では最も要望が多いお尻のエステ、そしてリラグゼーション効果の高いヘッド・フェイシャルエステの施術ができるキャストが対象となっています。

3.研修を修了後、実技テストの上、店長の承認を得ている

エステ講師による研修・実技テストの後、各店長による承認が必要となります。

エステのプロである講師だけでなく、性風俗サービス業のプロである店長による承認制度を設けることで、エステレベルの高いキャストを自信を持ってご案内することが可能になりました。

3級セラピスト

3級セラピストとは

ハイブリッドマッサージを習得してから
一定の施術経験を積んだキャストのうち
一般エステの技術レベルが高いキャストのみが取得できる資格です。

条件はセラピストとしてごく当たり前の内容ですので
「できて当然では?」と思われるかもしれませんが
ヌキのない一般エステでは全体の4割程度
通常の風俗エステ店であれば10人に1人ほどしか在籍していない
当店が自信をもってオススメするセラピストです。

3級セラピストに昇級するための検定内容
1.エステの手順が基礎コース通りである

研修を受けてから時間が経つと、ついつい自己流の手技になってしまいます。
全ての手技・知識をマスターした上級セラピストがお客様に合わせて応用するのは問題ありませんが、あくまでも初級セラピストですので、まずは基礎をしっかりと行えることが最初の目標となります。

2.時間内に全ての手順が行える

当店ではコースごとにエステの手順や内容が異なりますが、短いコースであってもエステをしてからヘルスプレイまで余裕をもって行える配分になっています。

ですが、施術経験が少ないキャストはどうしても慌ただしくなってしまうことも。
心から満足できるエステのために、その後のヘルスサービスを踏まえた時間配分をしっかりと行えることはとても重要な要素です。

3.ほどよい圧がかけられる

ハイブリッドマッサージの基本にリンパドレナージュという概念があります。
リンパ液の流れをスムーズにすることで心身ともにリフレッシュするという考え方ですが、表皮付近の浅リンパ管だけでなく、筋肉に近いところにある深リンパ管にアプローチするとより高い効果が得られます。

もちろんこれは治療ではなくリラグゼーションのためのものですので、お客様の状態により圧の強さを確認しながら調整するテクニックもマスターする必要があります。

4.お声掛けができている

たとえばタオルをかける際やうつ伏せから仰向けに移行する際などに、お客様に対してしっかりとお声掛けができているかも重要な要素です。

次は何をするのか?このエステは一般的にどんな効果があるのか?等、お客様にお伝えすることで安心して施術を受けていただくことができるだけでなく、効果も高まるという統計も出ています。
適切にお声掛けするためにはハイブリッドマッサージの流れを最初から最後まできちんと理解している必要がありますので、そういった知識レベルの高さも保証しています。